スー族・シャイアン族の文化と歴史
大平原の覇者スー族とシャイアン族
Part3
スー族の歴史年表〜冬数え〜
スー族の諺に「歴史亡き民族は草原の風の如し」 「文字」という伝達手段を持たなかった彼等民族が後世の為に 絵文字で書き記した歴史年表が「冬数え」(Winter Count)で ある。
毎年、冬の終わりにその年の出来事の中から重要な事柄を 一つ選び表しパイソンの皮に絵で書き残したモノ。

だから、年々、一つずづ絵が書き加えられていく。
豪雪の年、飢饉の年、疫病の年、白人との条約、戦争の年、 部族間の争いの年、などなどで絵文字一つ一つが意味を持ち、 冬数えを保管する者がその詳細を記憶する。
そうした年表の一つに「ビッグミズーリ冬数え」があり、1796年 から
1926年までの131年間にも及ぶ膨大な歴史が記録されて いるモノがある。

スー(語)族の歴史年表。
「冬数え」(ウィンターカウント)
毎年、冬の終わりにその年の
出来事で最も重要な事柄を 一つ
選びパイソン(野牛)の皮に記した。
文字を持たなかった彼等の後世
への伝達手段である。
Ads by TOK2