海洋インディアンの文化と歴史
海洋インディアン〜トーテムポール〜

日本の人々にもよく知られている、いわゆるインディアンの特徴的な アイテムの中で、目立ちらしさを表しているモノの中にトーテムポール が代表的なモノだと思う。
日本国内でも、田舎などの公共施設で見掛ける事もあると思う。
このトーテムポールは、来た太平洋沿岸に住むインディアンの代表 的な工芸品の一つである。
この地方は、食糧に関しては山、海の両方に恵まれている為、精神 的に豊かな生活を送っていた。
材料となる巨木も多いし、なにより、食糧探しに追われる他のインデ ィアンと違い、工芸や、彫刻に時間を費やす余裕もあったからである。

 トーテムポールは、深い意味を持つ。
家の前に建てられたトーテムポールは、その家の住人の神話時代 に溯る由来や物語が刻み込まれているのである。
ポールの一番上には、その家系の先祖とされる動物が彫られている。
その様な動物の事を「トーテム」と呼ぶ。
オジブワ語で「彼の親戚」を表す「オトテマン」が語源という説もあるし 「同じ血縁の地域グループ」を意味する「ドーデム」に由来するとも 云われている。
家系の事を氏族と呼ぶ。氏族は、祖先を同じくすると信じられている 人の集まりである。
例えば、トリンギット族には、熊、鷲、鮫、鯨、狼、蛙、鮭etcと18の 氏族がある。
「氏族の祖先」といっても、熊が進化して現在の人間になったという 考えではなくて、ある時、一頭の熊が人間に変化し氏族の祖先に あたる一人の女性を妻にしたという考え方である。
北米インディアンの神話の世界では、動物が人間に変身したり、 その逆なども多かった。
Ads by TOK2