Military Powers 
航空自衛隊 救難機・救難ヘリ・その他
JASDF Index V-107A MU-2   UH-60J U-125A
U-125 U-4 救難隊 Military Powers Home

 V-107A
  • V-107Aは、米国バートル社の双発輸送ヘリ。
  • 胴体左右にあるスポンソンには4.500ガロンの燃料を入れることができるとともに、着水時にはフロートとして使われる。
  • 現在はV-107Aの後継機種はUH-60J。
全長  12.59m 全幅  5.02m
全高  5.15m 全備重量  約9.7t
最大速度  約250km/h 航続距離  約1,000km
ローター直径  15.24m 実用上昇限度  約4,200m
 V-107A
 千歳基地

 UH-60J
  • もともとはUH-1多用途ヘリの後継として米陸軍が開発。
  • 航空自衛隊はこの機種を救難機として採用。
  • ホイスト(つり下げ用ウィンチシステム)やその他、救難機として必要な装備を網羅している。
全長  19.76m 全幅  16.36m
全高  5.06m 全備重量  約10.0t
乗員・乗客  4名・10名 最大速度  約316km/h
航続距離  約1,560km ローター直径  16.36m
救難行動半径  約460km 初号機納入  平成3年2月
実用上昇限度  約3,719m 用途  救難・救助、輸送
エンジン形式  T-700-IHI-401C エンジン出力  1,940SHP
最大離陸重量  9.98t 最大巡航速度  約250km/h
搭載機器  気象レーダー、赤外線暗視装置、無線方向探知機、救助用ウインチ等

 UH-60J
 平成20年(2008) 千歳基地
  • 28-4556(556) エンジンを始動し離陸準備に入る。
  • 陸自の降下隊員が搭乗する。
  • フライト前の最終点検を行う。
  • メインローターの回転が始まる。よく見るとWAF。
  • 救助活動の展示。
Military Powers Home 
Page TOP 

 UH-60J
 平成16年(2004) 千歳基地
  • 18-4575(575)

 UH-60J
 平成15年(2003) 千歳基地
  • 高い機動性能。
  • 機内の隊員が見える。
  • 旋回すると機体のTOPが見える。
  • 救助者を抱えてリフトアップする。
  • U-125Aが救難付近を飛び捜索する。
  • 無事任務を終えて着陸する。(デモラフライト)
  • 18-4575(575)、48-4559、58-4562
Military Powers Home 
Page TOP 

 MU-2
  • 1965年から飛行点検機(MU-2J)として採用されたが、1967年より救難捜索機(MU-2S)として装備された。
  • V-107とペアで運用された。
  • 現在は後継機のU-125Aにその座を譲り、平成20年(2008)に退役した。
全長  10.7m 全幅  11.9m
全高  3.9m 全備重量  約4.6t
最大速度  約460km/h 航続距離  約946km
初飛行  1963年9月 乗員  7〜9名
製造  三菱重工 エンジン  ギャレットTPE311-25A
用途  救難機  
 MU-2
 平成16年(2004) 千歳基地
Military Powers Home 
Page TOP 

 U-125A
  • 米国レイセオン社のビジネスジェット機ベースにしている。
全長  15.60m 全幅  15.66m
全高  5.36m 最大離陸重量  12.18t
最大速度  約820km/h 航続距離  約4,000km
最大準高高度  12,900m 初飛行  1994年7月
製造  レイセオン・エアクラフト・カンパニー 用途  救難捜索機
航法援助機器  FMS×2、VOR/DME×2、GPSILS×2、TACAN、IBS、ABF
 捜索機器  捜索レーダー、TIE(赤外線暗視装置)、V/UHF DF、V/UHFホーマー
救難器材  火工品投下用装置、援助物資投下用装置
 U-125A
 平成21年(2009) 千歳基地
  • 記念マーキング。

 U-125A
 平成18年(2006) 千歳基地
  • オープニングフライトで正面をパスするU-125A 02-3013(013)。
  • 52-3002(002)フライト前のU-125A。
  • フライトのため滑走路へ向かうU-125A52-3002(002)。
  • 飛行展示。

 U-125A
 平成16年(2004) 千歳基地
  • 02-3013(013)

 U-125A
 平成15年(2003) 千歳基地
  • 飛行展示。12-3018(018)
  • 02-3014(014)
Military Powers Home 
Page TOP 

 U-125
  • 米国レイセオン社のビジネスジェット機ベースにしている。
  • 飛行点検とは、航空保安無線施設の機能および状態の測定等点検すること。
全長  15.59m 全幅  15.66m
全高  5.37m 最大重量  約12,700kg
最大速度  マッハ0.86 航続距離  約5.500km
エンジン  ギャレットTFE-731-5R-1H 乗員/乗客  4/3名
製造  ホーカービーチクラフト 用途  飛行点検(航法施設検査)
 U-125
 平成21年(2009) 千歳基地

 U-125
 平成12年(2000) 千歳基地
  • 49-3043(043)
Military Powers Home 
Page TOP 

 U-4
  • VIPや小型貨物の輸送に使用されている。
  • 主に国内間、災害発生時の被災地視察などの際に使用される。
  • 多用途支援機。
全長  27.0m 全幅  24.0m
全高  7.45m 全備重量  約16.1t
巡航速度  850km/h 航続距離  約7,000km
乗客  約20名 乗員  2名
製造  三菱重工 エンジン  R&RテイMk.611-8ターボファンエンジン(推力5.5t)2基
用途  多用途支援  
 U-125
 
Military Powers Home 
Page TOP