本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 小火器 小銃系


 64式7.62mm小銃
  • 第2次世界大戦中にドイツを中心にアサルトライフル(突撃銃)が生まれ、それまでの1発必中の狙撃的な射撃ではなく、軽量弾を短時間に大量に射撃することによって弾幕をはる考え方が主流となった。
  • 自衛隊も半自動・全自動切替が可能で、日本人の体格にあう軽量・低反動の小銃が必要となった。
  • 豊和工業が昭和31年から開発を始め、防衛庁(当時)も小銃の選定作業を行った。
  • 当時は米軍のM14を大量に輸入する話もあったようだが、当時の日本人の体格に合わないことやM14は銃床が曲線であるため、連射すると銃口が跳ねあがり、極端に命中精度が落ちる構造であることが指摘され、採用されなかった経緯がある。
  • このため輸入せず、独自開発を行って昭和39年に制式となる戦後初の国産小銃が誕生した。
  • 64式小銃は部品点数が多く、慣れが必要である。(米兵に64式小銃の分解・組立をさせるとお手上げになるとの話もある)
  • アサルトライフルでありながら、スコープ装着によって狙撃銃にもなるほど高性能な小銃である。
  • 日本人の体格に適合し、小型・軽量・低反動の3点を満たすために弾薬もNATO弾の弱装弾(装薬を10%程度減らしたもの)を用いている。
  • 銃身と銃床が一直線上にある直銃床型であるため、ホールドしやすくするためのピストルグリップを装備している。この仕様のため、銃口の跳ね上がりが低減されている。
  • 銃口制退器もつけ、反動を弱めている。
  • 1挺188,000円、弾薬220円/発 (昭和60年当時)

 諸元等
全長  約990mm 重量  4.4kg
口径  7.62mm 発射速度  100発/分 最大約500発/分(450発/分)
銃身長  450mm 装弾数  20発
作動方式  ガス利用衝撃式 連射速度  650~850発/分
有効射距離  400m 使用弾薬  普通弾、えい光弾、空砲
用途  近接対人戦闘に使用 製造  豊和工業

 平成14年(2002) 旭川駐屯地
  • 教育隊の観閲行進。
  • 教育隊はまだ64式を使用。
  • 区隊長を先頭にWAC教育隊の観閲行進。日本人の低身長WACに64式は相当扱いにくい。

 平成23年(2011) 真駒内駐屯地
  • 第1特科群第133特科大隊(MLRS)の観閲行進。
  • 北部方面支援隊第102全般支援大隊補給中隊の観閲行進。WAC小隊長。

 平成23年(2011) 北千歳駐屯地
  • 部隊整列。
  • 第1特科団長兼駐屯地司令(陸将補)に捧げ銃。

 平成22年(2010) 美唄駐屯地
  • 第2地対艦ミサイル連隊の整列。
  • 立て銃から担え銃へ移行し前へ進む。
  • 73式小型トラックに搭載したM2重機関銃を射撃する中、ドライバーは下車して即座にひざ撃ちする。。
  • 発砲煙がかすかに見える。
  • レンジャーが隊舎最上階からロープで降下した後、土手を上り敵前で伏撃ちする。もう一人はひざ撃ちで攻撃する。

 平成20年(2008) 上富良野駐屯地
  • 64式小銃を置き待機する第4特科群の小隊。

 平成18年(2006) 名寄駐屯地
  • 観閲行進準備で待機する第4高射特科群第316高射中隊。

 平成17年(2005) 北恵庭駐屯地
  • 赤の鉄帽は敵方。

 平成17年(2005) 滝川駐屯地
  • 第10普通科連隊の中隊が匍匐前進の後突撃する。

 平成17年(2005) 帯広駐屯地
  • 教育隊の銃授与式。

 平成17年(2005) 南恵庭駐屯地
  • 式典前の部隊移動。
 平成17年(2005) 真駒内駐屯地
  • 銃床、銃把、トリガー付近、被筒接続部等。
  • 銃身とスリング環、バイポッドの先端。

 平成17年(2005) 幌別駐屯地
  • 予備自衛官。65式作業服および旧型弾帯着用。
  • 予備自衛官装備と教育隊の装備では時代の差を感じる。

 平成16年(2004) 滝川駐屯地
  • 教育隊の観閲行進。65式作業服着用。
  • 第10普通科連隊の観閲行進。
  • 伏撃ちする敵方の64式。
  • オート斥候による射撃。
  • 偵察用オートを横倒しにして、ひざ撃ちと伏撃ちを繰り返して退却する。
  • 64式小銃、62式機関銃、84RRをもって攻撃する。
  • 着剣後、残弾少ない弾倉からフル装てんされている弾倉に交換し、突撃に備える。
  • 64式81mm迫撃砲を準備のため、64式小銃を置く迫撃砲小隊。

 平成16年(2004) 真駒内駐屯地
  • 立て銃。

 平成16年(2004) 幌別駐屯地
  • 教育隊。66式鉄帽と65式作業服着用。

 平成15年(2003) 滝川駐屯地
  • 教育隊。着け剣しての観閲行進。66式鉄帽と65式作業服着用。

 平成15年(2003) 南恵庭駐屯地
  • 着け剣から取れ剣まで。
  • 左手で鞘から取り出して64式小銃に着剣する。
  • 着け剣後はそのままの姿勢を保持し一斉に立て銃へ。
  • その後鞘に入れて取れ剣完了。
  • 施設隊のWACも。
  • 銃把部が上。

 平成15年(2003) 北恵庭駐屯地
  • 着剣。隣は89式小銃。銃剣の違いがわかる。
  • 小銃用バトラーの説明中。小銃にバトラー器機が付いている。バトラーのセンサーは旧迷彩に付いているので新迷彩鉄帽カバーの上に被せている。
  • 仲間が撃たれたため、その場で応急処置。伏撃ち(ねうち)で応戦。
  • 展開移動後ひざ撃ちの姿勢をとる。ただし、ほほ付け等完全な体勢になる前の状態。
  • 隣には84RR、後ろには今はなき第1戦車群(平成26年3月部隊廃止)の本部管理中隊73式小型トラック。
  • 64式小銃弾倉用弾納に収納する。
  • 機関銃手の背にも64式小銃。

 平成14年(2002) 南恵庭駐屯地
  • 非常に状態のよい64式小銃。

 平成14年(2002) 真駒内駐屯地
  • 今は廃止された第18普通科連隊第4中隊の64式小銃。

 平成14年(2002) 旭川駐屯地
  • 教育隊の観閲行進。65式作業服着用。
  • 64式小銃による一斉射撃。
  • 64式は木製銃床が特徴的。
  • ハンドガードの形状が異なる。

 平成14年(2002) 東千歳駐屯地
  • 64式小銃。
  • 小銃Ⅲ型。

 平成14年(2002) 東千歳駐屯地
  • 上:64式小銃。
  • 下:小銃Ⅲ型。