本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 小火器 短機関銃/機関けん銃系

陸上自衛隊 11.4mm短機関銃M3A1 グリースガン

小火器 Index 拳銃系 9mmけん銃 SIG-P220
短機関銃/機関拳銃系 11.4mm短機関銃 9mm機関けん銃 M9
小銃系 64式7.62mm小銃 89式5.56mm小銃
機関銃系 62式7.62mm機関銃 5.56mm機関銃 MINIMI
74式車載7.62mm機関銃 12.7mm重機関銃 M2
狙撃銃系 対人狙撃銃 M24
銃剣系 64式銃剣 89式多用途銃剣
擲弾発射機系 96式40mm自動てき弾銃
手榴弾・擲弾系 MK2手榴弾 06式小銃てき弾
光学照準器系 MINIMI用直接照準眼鏡 96式小銃用ダットサイト
 火炎放射器系 携帯放射器1-1型
その他小火器 四四式騎兵銃/三八式騎兵銃/村田式小銃/イ式小銃/九九式短小銃
南部十四年式 オーストラリア海軍

 11.4mm短機関銃M3A1 Grease Gun
  • 第2次世界大戦中にアメリカ軍によって制式化された短機関銃(サブ・マシンガン)。
  • 護身用、自衛用火器として使用される。
  • 最大の特徴は、素材は鋼板でプレス加工や溶接など簡単な加工で製作され、大量生産が可能であるという点である。(製作に手間のかかるトンプソンでは需要を満たせなかったといわれている)
  • この銃の外見が、車両や機械等グリース(潤滑剤)を注入するときに用いるグリース・ガンに形状が似ていたため、「グリース・ガン」と呼ばれている。
  • 銃床(ストック)は短くすることができる可変式。
  • M3A1はより単純化されたモデル。
  • 戦車部隊、偵察部隊にいまだに装備している(!)が、拳銃が45口径11.4mm弾を使用するガバメントから9mmパラベラム弾を使用するP220の採用になったので45口径弾の補給が難しくなっているはず。
  • 自衛隊は、物持ちがいいという、良い例かもしれないが早く最新式の装備をお願いしたい。

 諸元等
全長  757mm(最小579mm) 重量  3.63kg
口径  11.4mm(45口径) 発射速度  約40~60発/分 最大:450発/分
銃身長  203.2mm 給弾方式  30発
初速  280m/秒 作動方式  銃身固定、遊底のみ後座するブローバック
最大射程  1,600m(有効射程: 約100m) 製造  住友重機械工業

 平成16年(2004) 第11師団(当時)
  • 11.4mm短機関銃M3A1
  • 第11戦車大隊(当時)の観閲行進。