本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers   誘導弾 対戦車誘導弾系

陸上自衛隊  96式多目的誘導弾システム ATM-4 MPMS 96マルチ


誘導弾 Index 地対空誘導弾系 ホーク Hawk 81式短距離地対空誘導弾 短SAM
93式近距離地対空誘導弾 近SAM 91式携帯地対空誘導弾 携SAM
携帯地対空誘導弾 スティンガ
対戦車誘導弾系 79式対舟艇対戦車誘導弾 重MAT 87式対戦車誘導弾 87ATM
01式軽対戦車誘導弾 LAT 96式多目的誘導弾システム MPMS
TOW(AH-1S搭載) ヘルファイア AGM-114(AH-64D搭載)
64式対戦車誘導弾 ATM-1
地対艦誘導弾系 88式地対艦誘導弾 88ssm

 96式多目的誘導弾システム 略称:MPMS(Multi-Purpose Missile System) 愛称:96マルチ
  • 光ファイバ赤外線画像追尾式(FOG)を採用した高性能ミサイル。
  • 79式対舟艇対戦車誘導弾の後継といわれているが異論もある。
  • 対上陸戦闘にいて達着前の敵上陸用舟艇を撃破する。また、地上戦闘において敵戦車等を遠距離から撃破することを目的としている誘導弾である。
  • 赤外線シーカにより地上あるいは海上を捜索し、画像データを光ファイバにより伝送する。射手はその画像を見ながら目標の探知、追尾指示を行い、目標に命中させる。
  • 情報処理装置(IPU)、射撃指揮装置(FCU)、地上誘導装置(GGU)、発射機(LAU)、装てん機(LDU)、観測器材(OPU)から構成される。
  • 高機動車の荷台に搭載されている。
  • 対舟艇・対戦車部隊に装備。

 諸元等
誘導弾全長 約2,000mm 誘導弾直径 約160mm
誘導弾重量 約60kg 飛翔高度 100m~300m
射角  20°~90° 射界  0°~360°
開発 防衛省技術研究本部 製作 川崎重工
 構成 情報処理装置(IPU)/射撃指揮装置(FCU)/地上誘導装置(GGU)/発射機(LAU)/装てん機(LDU)/観測器材(OPU)

 フォトモーション

 平成25年(2013) 倶知安駐屯地
  • 96マルチ発射機が射撃位置に急ぐ。
  • すかさずマガジンに仰角をつけ射撃する。
  • 射撃終了後、6発の誘導弾マガジンのふたが閉められる。
  • マガジン後尾のふたも閉じられる。
  • 再開いた後、閉じられる。
  • 状況終わり撤収する。

 平成25年(2013) 倶知安駐屯地
  • 北部方面対舟艇対戦車隊の情報処理装置搭載車両33-6002。
  • クレーン仕様の73式大型トラックの装てん機33-5510。
  • 地上誘導装置04-5732/04-5708/04-5733/04-5710。
  • 発射機04-5608/04-5631/04-5633/04-5609。

 平成16年(2004) 帯広駐屯地
  • 第5師団対舟艇対戦車中隊。 
  • 射撃指揮装置04-5807。
  • 発射機04-5618。
  • 装てん機33-5508。
  • 誘導弾マガジンに仰角をつけ射撃する04-5618。
  • 車体前部のアウトリガ。
  • 空中線はJAT-F12。
  • 誘導弾マガジンを様々な角度から。
  • ブラスト・デフレクタ(風圧防御板)は後方に爆風を逃がす装置。
  • マガジン駆動部。
  • 側部及び後部配線・コネクター類等。