本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 誘導弾 地対空誘導弾系

陸上自衛隊 携帯地対空誘導弾 スティンガ FIM-92


誘導弾 Index 地対空誘導弾系 ホーク Hawk 81式短距離地対空誘導弾 短SAM
93式近距離地対空誘導弾 近SAM 91式携帯地対空誘導弾 携SAM
携帯地対空誘導弾 スティンガ
対戦車誘導弾系 79式対舟艇対戦車誘導弾 重MAT 87式対戦車誘導弾 87ATM
01式軽対戦車誘導弾 LAT 96式多目的誘導弾システム MPMS
TOW(AH-1S搭載) ヘルファイア AGM-114(AH-64D搭載)
64式対戦車誘導弾 ATM-1
地対艦誘導弾系 88式地対艦誘導弾 88ssm

  携帯地対空誘導弾 スティンガ
  • レッドアイの後継として米国製の携帯式地対空誘導弾を採用した。
  • 誘導方式:赤外線パッシブホーミング方式。
  • 構成:誘導弾(発射筒に封入)/グリップストック(IFF付)/IFF質問機/IFFプログラマー/充電器。
  • 一人で操作することができる。
  • 主に特科、戦車部隊に装備し、自衛用対空火器として使用する。
  • 発射機の右についている格子状のケースホルダーのようなものは、IFF(敵味方識別装置)のアンテナである。
    ※91式携SAMとは若干形状が違う。
  • IFF部とトリガー部&グリップ部が一体式となっているグリップストック部は再利用できる。

 諸元等
全長  約1,400mm 重量  約10.0kg
胴体直径  約70mm 誘導方式  赤外線パッシブホーミング
肩上重量  約15.2kg 推進薬  固体燃料
構成  誘導弾/グリップストック(IFF付)/IFF質問機/IFFプログラマー/充電器
製作  ゼネラルダイナミック社

 平成22年(2010) 美唄駐屯地
  • 第2地対艦ミサイル連隊第2中隊/第3中隊のスティンガ。M2とバズーカも構えている。

 平成18年(2006) 名寄駐屯地
  • 全景とIFF。
  • 誘導弾先端から最後尾まで。

 平成16年(2004) 帯広駐屯地
  • グリップストック部。
  • 発射筒後部。

 平成14年(2002) 真駒内駐屯地
  • 誘導弾とグリップストック部。