本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers  誘導弾 対戦車誘導弾系

陸上自衛隊  88式地対艦誘導弾 SSM-1 SSM シーバスター


誘導弾 Index 地対空誘導弾系 ホーク Hawk 81式短距離地対空誘導弾 短SAM
93式近距離地対空誘導弾 近SAM 91式携帯地対空誘導弾 携SAM
携帯地対空誘導弾 スティンガ
対戦車誘導弾系 79式対舟艇対戦車誘導弾 重MAT 87式対戦車誘導弾 87ATM
01式軽対戦車誘導弾 LAT 96式多目的誘導弾システム MPMS
TOW(AH-1S搭載) ヘルファイア AGM-114(AH-64D搭載)
64式対戦車誘導弾 ATM-1
地対艦誘導弾系 88式地対艦誘導弾 88ssm

第1地対艦ミサイル連隊  第2地対艦ミサイル連隊 第3地対艦ミサイル連隊 

 88式地対艦ミサイル SSM-1 略称:SSM 愛称:シーバスター
  • Type 88 Surface-To-ship Missile
  • 海に囲まれたわが国において海岸線は重要であるがすべての海岸線を防御するわけには行かない。
  • 敵上陸部隊を遠距離から撃破する攻撃システムが必要となる。
  • 海岸に面した山の背後から発射するとあらかじめプログラミングされたコースに従って山腹を迂回し、洋上に出て低高度で飛翔し目標に命中する。
  • ミサイル本体は戦闘機に搭載される80式空対艦誘導弾ASM-1を流用している。
  • 遠隔操作機で射撃諸元を入力することにより発射機独自でも射撃が可能。
  • 74式特大型トラックにミサイル、発射機等を一括搭載している。
  • 敵発見から射撃までの流れ
    捜索標定レーダ装置(JTPS-P15)6組→中継装置(JMRC-R5)12基→指揮統制装置1基→射撃統制装置(JTSQ-W5)4基
    →発射機(LAU)16基→発射
基本構成
  • 本部管理中隊:指揮統制装置、捜索標定レーダー装置(JTPS-P15)、捜索標定装置(JTPS-P15)、中継装置(JMRC-R5)
  • 第1中隊~第4中隊:射撃統制装置(JTSQ-W5)、発射機、装てん機

発射機 LAU

 諸元等
全長  約5,000mm 重量  約660kg 最大約20t
胴体直径  約350mm 射程  約百数十km
射角  35°固定 誘導方式  慣性誘導+アクティブ・レーダ・ホーミング
製作  三菱重工

88式地対艦誘導弾装てん機

 88式地対艦誘導弾装てん機
  • 装てん機はクレーン装置、誘導固定装置および無線機等を搭載し、誘導弾輸送および発射機への搭載、卸下を行う。
  • 卸下(しゃか・しゃが)=軍隊で輸送した積み荷をおろすこと。

 諸元等
全備重量  約20.1t(誘導弾搭載状態) 最大つり下げ数  2発
旋回半径  最大8.8m 装てん方式  車載クレーン
つり下げ重量  最大2.9t 操作人員  2名
搭載誘導弾  6発

捜索標定レーダ装置 JTPS-P15

 捜索標定レーダ装置 JTPS-P15
  • 捜索標定レーダは、洋上の目標を捜索し標定する。
  • 空中線(アンテナ)部はNEC製JAT-P8。

 諸元等
構成  レーダ装置、標定装置 レーダ方式  パルス圧縮
評定方式  自動標定/手動標定 操作人員  各装置2名
捜索方式  全周任意に設定可能 電源  1.8kw発電機

中継装置 JMRC-R5

 JMRC-R5
  • 捜索標定レーダと射撃統制装置との間で中継する装置。
  • 73式小型トラックに搭載されている。

 諸元等
構成  中継制御器、野外無線機(F16)、地上無線機(A3) 中継方式  再生自動中継
通信距離  約30km 電源  DC24V

指揮統制装置 FCU

 指揮統制装置(FCU)
  • 全体の指揮を統制する装置。

 諸元等
構成  演算装置(PC)、管制卓 射撃統制装置  標準4台(最大8台)
捜索標定レーダ  標準6台(最大12台) 電源  AC200V発電機
最大表示目標数  600隻  
機能  ①連隊射撃システムの中枢。 ②射撃統制装置として使用可能。 ③全国の地図データを保有。