本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 自走砲 りゅう弾砲

陸上自衛隊 203mm自走りゅう弾砲

20HSP Index 20HSP 20HSP-射撃 87式砲側弾薬車
 203mm自走りゅう弾砲
 略称  20HSP  愛称  サンダーボルト
  • 203mm自走榴弾砲は、1961年にアメリカ軍が開発したM110A2。
  • 陸上自衛隊最大の火砲を誇り、かつての巡洋艦の主砲と同等。
  • 1両約3億4,500万円(当時)で、91両ですでに生産終了。
  • 車体後部に大型のドーザ・ブレード型の駐鋤を備え、地面に食い込ませて発射時の反動を吸収。
  • 砲はむき出しだが、幌をつける場合もある。
  • 砲弾は90kg以上あるため、給弾から装填が自動化されている。
 諸元等
全長  10.7m 全高  3.14m
全幅  3.15m 全備重量  約28.5t
搭載弾数  2発 最高速度  約54km/h
乗員  5名 行動距離  約520Km
操作員  13名 砲車乗員5名 砲身長  7.5m
発射速度  1.5発/分 砲口  ダブルハッブル砲口制退器
最大射程  約24,000m(通常弾) 30,000m(噴進弾)
 製作   車体:小松製作所 砲部:日本製鋼所
エンジン  水冷式2サイクル8気筒ディーゼル 
 411PS /2,300rpm 出力:313KW 排気量:9,930リットル
武装  203mm榴弾砲×1
 7.62mm車載機関銃×1