本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

  Military Powers 74式戦車 Index

陸上自衛隊 74式戦車 Index 



74式戦車Index 74式戦車姿勢制御 74式戦車解体新書 北部方面隊第1戦車群 第2師団第2戦車連隊 
第5旅団第5戦車隊 第7師団第7偵察隊  第7師団第73戦車連隊 第11旅団第11戦車大隊 

 74式戦車 Type 74 Tank
 略称: 74TK 愛称: ナナヨン
  • 戦後国産初の61式戦車が登場してすぐに先進国各国が105mm砲や120mm砲を装備する第2世代のMBTの開発へ移行していた。そのため61式戦車は配備後すぐに旧式化してしまい、後継を急がなければならなかった。
  • 昭和39年(1964)から新型戦車の開発を始めた。当時のハイテク技術であるレーザー測遠機や砲塔、油気圧懸架装置の開発には10年の歳月を費やし、その経費は21億円(当時)とも言われている。
  • 生産は昭和50年(1975)から行われた。
  • 車体は、圧延防弾鋼板の溶接構造であり、砲塔は鋳造である。
  • 価格は約3億9500万円(調達年度の配備数で前後する)。
  • レーザー測遠機とアナログ弾道計算機による射撃統制装置を初めて搭載した。
  • 弾種、風速、気温、傾斜角等のデータを手動で入力できる。
  • 砲安定装置によって走行中の射撃も可能。90式のような照準制御システムは搭載されていないので、砲手の射撃能力や技術によるところが大きい。
  • 74式戦車の最大の特徴は、油気圧懸架方式の姿勢制御システム(上下0.2m、前後+-6度、左右+-9度)である。当時としては画期的なものであり、起伏の激しい日本の地形に合わせ、車体を隠蔽しながら正確な射撃が行えるメリットがあるが、複雑な構造がネックでもある。
  • 第2世代の世界の戦車の中では最も優れた戦車であったが、80年代に入ると、火力不足が決定的となり、後継機種である90式の開発へつながっていった。残念ながら現在ではすでに用廃(退役)が始まっている。
  • 第2世代としてMATO諸国の主力戦車水準をクリアした74式戦車は、流線的なデザインにファンも多い。

 諸元等
全長  9.4m 全高  2.25mm
全幅  3.18m 全備重量  約38t
履帯幅  550mm 接地長  4m
接地圧  0.86kg/cm2 登坂力  60%
最高速度  約53km/h エンジン出力  720hp
車体長  6.7m 超豪幅  2.7m
超堤高  1m 行動距離  約300km
渡渉水深  2.7m 砲弾搭載量  90mm×50発
徒渉水深  1m(渡渉具2m) 懸架方式  油圧式
乗員  4名 製造  砲塔・車体:三菱重工
武装  105mm戦車砲×1  砲:日本製鋼所
 戦車砲:英国 ビッカース社ライセンス生産L7A1 弾薬搭載数:51発
 12.7mm重機関銃×1 弾薬搭載数:600発
 7.62mm機関銃×1 弾薬搭載数:4,500発
エンジン  三菱:10ZF22WT 空冷2サイクル10気筒ディーゼル