本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 自走砲 りゅう弾砲

陸上自衛隊 75式155mm自走りゅう弾砲

75HSP Index 75HSP 75HSP-解体新書

 75式155mm自走りゅう弾砲 Type 75 155mm Self-Propelled Howitzer
  • 昭和44年から開発し、昭和50年に制式化されたアルミ合金製の自走式榴弾砲。
  • 1両約3億円(昭和60年当時)。
  • 総数201両を生産したが1985年を最後に打ち切られ、近年は99式に取って代わられている。
  • 砲身中央部に排煙器があり、砲口には、ダブル・ハッブルの制退器がついている。
  • 毎分6発の発射速度。
  • 砲塔は全週旋回可能。射撃したあと砲身をもとの姿勢にすぐに戻す自動復帰装置を備えている。
  • 砲塔内には9発装填の電動回転式ドラム弾倉2個と装填トレイがあり、弾丸を砲腔に押し込む。
  • 射程19kmは短すぎるとされ、新型(99式)の配備が進んでいる。

 諸元等
全長  7.79m 全高  2.55m
全幅  2.98m 全備重量  約25.3t
発射速度  6発/分 最高速度  約47km/h
乗員  6名 行動距離  300km
最大射程  約19,000m 砲身長  4.65m
携行弾数  即応弾18発、他10発、計28発 砲身重量  約1.1t
使用弾  M1と共用、75式榴弾  製作   砲・砲塔:日本製鋼所 車体:三菱重工
エンジン  空冷式2サイクル6気筒ディーゼル 450PS / 2,200rpm
武装  12.7mm重機関銃×1 弾薬搭載数:600発
 30口径155mm榴弾砲×1 弾薬搭載数:28発