本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 自走砲 迫撃砲

陸上自衛隊 96式自走120mm迫撃砲

120MSP 120MSP 120MSP解体新書
 96式自走120mm迫撃砲
 略称  120MSP  愛称  ゴッドハンマー
  • 機甲師団普通科連隊の中心火力として、第7師団第11普通科連隊の重迫撃砲中隊に配備されている。
  • この車両も生産コストが高く、生産数はまだ少ない。
  • 装甲車両に120mm迫撃砲RTを1基搭載している。
  • 迫撃砲の射撃は、撃った瞬間に敵に射撃場所を察知されてしまうため、射撃後の迅速な陣地転換が不可欠であるが、自走式のため迅速に陣地変換や機動展開が可能となっている。
  • 機甲師団の普通科は、機械化されているため、迫撃砲部隊も自走化されている。
  • 120mm迫撃砲の砲身が大きいため、車高も高い。
 諸元等
全長  6.7m 全高  2.95m
全幅  2.99m 全備重量  約23.5t
最大射程  約8,100m 最高速度  約50km/h
乗員  5名 行動距離  300km以上
 製作   日立製作所 豊和工業
エンジン  水冷式2サイクル8気筒ディーゼル 410PS/2,300rpm
武装  120mm迫撃砲RT×1
 12.7mm重機関銃M2×1