本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 陸上自衛隊航空機

対戦車ヘリ特集  機体 システム コクピット 武装
 システム
 平成18年(2006) 旭川駐屯地
  • 機首下にある回転式の照準・暗視装置(TSU)。前方監視赤外線装置・レーザー測遠機・レーザースポットトラッカー(自動追尾装置) 
  • 戦闘機や攻撃機の照準装置(火器管制装置)はレーダーを用いることが多いが陸上自衛隊ヘリの誘導弾は航空機ほどの遠距離ターゲットを探索して追尾する必要がないしレーダーは逆に敵に探知されてしまう危険があるためヘリの照準装置(火器管制装置)は、乗員の目が重要なポイントとなる。
  • 昼夜を問わず目による探索が中心となるので、ズーミング可能なテレビカメラと暗視装置を組み合わせ、ヘルメットと統制装置をリンクさせ、乗員の顔をターゲットに向けると機関砲も同じ方向を向くというシステムが用いられている。
  • TOW用昼間用望遠鏡式照準装置は2倍・13倍の2段階可変倍率方式である。
 
  • 従来型TSU。
 平成16年(2004) 旭川駐屯地
  • C-NITE型。
 平成16年(2004) 帯広駐屯地
  • C-NITE型。
 平成14年(2002) 帯広駐屯地
  • 従来型TSU。
 平成16年(2004) 帯広駐屯地
     
  • マーカー。
     
  • 空中レーザー・トラッカーとその上にレーダージャマー受信アンテナ。
 平成14年(2002) 帯広駐屯地
     
  • エアセンサー。
 平成16年(2004) 帯広駐屯地
 
  • レーダージャマー送信アンテナ。