本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 陸上自衛隊航空機

機体 エンジン ローター 飛行
  OH-1 観測ヘリコプター
 略称  OH-1  愛称  ニンジャ
  • 陸自観測ヘリOH-6Dの後継機種。
  • 純国産機で、平成4年度から開発開始。
  • 平成8年3月試作初号機完成、8月初飛行に成功。
  • メインローターにヒンジレス(無関節)型ローターシステムを採用。
  • 座席の装甲化、操作系統と油圧系統の二重化などによる高生存性。
  • 後部座席後方には、赤外線センサー、カラーTV、レーザー測距装置等索敵システム搭載。
  • AAM×4にて武装化。
 諸元等
全長  13.40m 全高  3.80m
全幅  11.60m 全備重量  4,000kg
巡航速度  約220km/h 最高速度  約278km/h
エンジン  TS1-M-10 / 777SHP×2 航続距離  約540km
実用上昇限度  約4,880m ローター直径  11.6m
乗員  2名 機体製作  川崎重工
武装  AAM×4 エンジン製作  三菱重工
 機体(旭川駐屯地)
  • フロントにあるワイパーのクローズアップ。一本のアームに動力が伝わりもう一本は支えている。
  • 左右座席サイド。
  • キャノピーは若干丸みを帯びている。
  • 翼下のAAMの収納庫。
  • アンテナ。
  • 排気口。
  • テール部分のアップ。
  • 後部車輪と前方車輪のフレームとショックアブソーバー。
  • 各種センサーとカメラ。ビニールテープを貼り、顔に見立ててかわいらしくしているのは誰のアイディアか?
  • 操縦桿と機外にあるアンテナ。
  • 必ずアースをとる。
 エンジン
  • エンジンカバーを開けて内部が見える状態。
  • 撮影時点では非常にきれいであった。
 ローター
  • 排気口付近。赤外線探知がしにくい加工がされている。
  • 特徴のあるテールローター。よく見ると羽の付き方が不規則である。これは騒音削減のためといわれている。
 CJ's pic