本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 装甲車両

陸上自衛隊 73式装甲車



73APC Index 73APC-1

 73式装甲車 Type 73 Armored Personnel Carrier
 略称: APC
  • Armored Personnel Carrier(装甲兵員輸送車)
  • 60式APCは、水陸両用性や対NBC能力に欠ける点を改善する目的と、1960年代初頭から各国で関心が高まっていた機械化歩兵戦闘車(MICV)の考えを導入して開発された。
  • 三菱重工がSUBⅠ、小松製作所がSUBⅡという試作車をつくった。
  • SUBの条件として、搭乗員数を12名、車内からの小銃射撃を可能とすること、武装は20mm機関砲、12.7mm機銃、7.62mm機銃などの装備が盛り込まれた。
  • 西ドイツ、ラインメタル社の20mm機関砲を用いて装備テストを行った結果、20mm機関砲を装備することにより重量が重くなること、高価になること等により、結局12.7mm機銃と7.62mm機銃を各1基ずつ装備することとなった。
  • 12.7mm機銃は社内からの遠隔操作が可能。
  • 後部兵員室に9名(8名)を乗せることができるが、96WAPCに比べると天井が低く、居住性は低い。
  • 後部兵員室の側面と後部ドアにはT字型のガンポートがあり、乗車しながら機動戦闘ができる。しかし、射撃ポートには機密性がないため、ここを開くとNBC防御高価はなくなる。
  • 浮上航行する場合は、各転輪にカバーをつけ、車体前面に折りたたみ式のトリム・ベーンをつけ、車体上部の機関室周囲にも防水パネルを取り付けなければならないなど、複雑な準備作業が必要である。
  • 機関砲塔を搭載する計画だったが予算不足でできなかったといわれている。
  • 操縦については、4速オートマなので乗りやすいが、エンジンはかなりうるさい。
  • エンジンが左側にあるので走行中は左に寄ってしまうクセがある。
  • 派生型:75式自走130mm多連装ロケット弾発射装置、75式地上風測定車
  • 部品共通型:74式自走105mmりゅう弾砲

 諸元等
全長  5.80m 全高  2.21m
全幅  2.90m 全備重量  13.3t
最低地上高  0.40m 最高速度  約70km/h
回転半径  約7.5m 行動距離  約300km
登坂力  60% 超堤高  0.7m
超壕幅  2m 懸架方式  トーションバー
乗員  乗員3名+兵員9名(8名)  製作   三菱重工 小松製作所
エンジン  4ZF空冷2サイクルV4型ディーゼル 300PS / 2,200rpm
武装  12.7mm重機関銃×1
 7.62mm機関銃×1