本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers  自走砲 ロケット弾

陸上自衛隊 67式30型ロケット弾発射機

 67式30型ロケット弾発射機
  • 昭和32年から開発され、昭和43年に制式化された日本初の国産ロケットで奇襲的大火力の発揮に適する。
  • 射撃により陣地を暴露しやすい。
  • 10×10の大型トラックに2基のランチャーがセットされている。

 諸元等
全長  8.24m 発射時車両重量  約12.0t
操作人員  4名 ロケット弾重量  約230kg
ロケット全長  4.5m ロケット弾頭  榴弾のみ
最大射程  約30,000m 製造  車体:日野自動車
ロケット弾製造  日産自動車  発射機:日本製鋼所

 平成15年 (2003) 北千歳駐屯地
  • ロケット弾。
  • 北海道では第1特科団第125特科大隊、第126特科大隊に配備されていた。
  • 発射機
  •  「67式30型ロケット弾発射機」と書かれている。

 平成14年 (2002) 北千歳駐屯地