本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 自走砲 ロケット弾 <退役済>

陸上自衛隊 75式130mm自走多連装ロケット弾発射機



 75式自走ロケット弾発射機  別称:75式自走多連装ロケット弾発射機 130mmロケット弾発射機
  • Multiple Surface to Surface Rocket (多連装地対地ロケット=MSSR)。
  • 広い地域目標の同時射撃に使用する。
  • 車体は73式装甲車がベースとなっている。
  • 昭和40年から開発され、昭和50年に制式化された。
  • 1両2億2,000万円(昭和58年当時)
  • 生産が66両で終わっているためかなりレアな装備である。
  • 車長席に12.7mm機関銃がある。
  • 1発ずつまたは約12秒間で全弾30発のロケット弾を発射できる。
  • 後続のロケットの弾道に影響を与えないように、斉射は0.4秒間隔で行う。
  • 誘導弾ではないので風の影響を受けやすい。そのため1個中隊に1両の75式自走地上風測定車が付随する。
  • 口径の小さい弾頭であるため、改良および多様化が難しかったことと、再装填に時間がかかるので、MLRSに変更された。

 諸元等
全長  5.78m 全高  2.67m
全幅  2.80m 車両重量  16.5t
最大射程  約14,500m 最高速度  50km/h
弾頭  榴弾のみ ロケット全長  1.9m
ロケット直径  132mm 乗員  3名
エンジン  空冷2サイクル4気筒ディーゼル 出力  300PS
製造  小松製作所(車体) 日産自動車(発射装置・弾)
武装  130mmロケット弾30連装
 12.7mm機関銃(M2)

 平成17年 (2005) 第2師団
  •  第2特科連隊第5大隊第13中隊車両(96-2176)。現在は75式自走155mmりゅう弾砲が配備されている。

 平成16年 (2004) 第2師団
  •  第2特科連隊第5大隊第15中隊車両(96-2415)。現在は75式自走155mmりゅう弾砲が配備されている。

 平成15年 (2003) 第2師団
  •  第5大隊第13中隊車両(96-2169)。第5大隊第14中隊車両(96-2353)。第5大隊第15中隊車両(96-2107)。

 平成15年 (2003) 第5師団(当時)
  • 第5特科連隊多連装ロケット中隊車両(96-2168)(当時)。

 平成14年 (2002) 第5師団(当時) (フィルムスキャン)
  •  第5特科連隊多連装ロケット中隊車両(96-2373)(当時)。

 車体 (by Pvt coots)
  •  第5特科連隊多連装ロケット中隊車両(96-2484)(当時)。

 平成13年 (2001) 第2師団 (コンデジ)
  • 第2特科連隊第5大隊第15中隊車両(96-2107)。

75式自走地上風測定装置

 75式自走地上風測定装置
  • 75式自走多連装130mmロケット弾発射機と行動をともにする。
  • 地上風を測定し、射撃に必要な測定データを得る。
  • ハシゴ状に支柱を伸ばし、測定装置を用いて観測する。

 諸元等
全長  5.7m 全高  3.5m(支柱収納時) 12.5m(伸長時)
全幅  2.9m 車両重量  12.8t
エンジン  空冷2サイクル4気筒ディーゼル 出力  300PS
乗員  4名 最高速度  60km/h
測定範囲  縦風範囲:30m/s 横風範囲:30m/s 最小表示:0.1m/s
製造  小松製作所(車体) 明星電気(測定装置)
武装  12.7mm機関銃(M2)

 平成15年 (2003) 第5師団(当時)
  •  第5特科連隊多連装ロケット中隊車両(91-6882)(当時)。

 平成14年 (2002) 第5師団(当時) (フィルムスキャン)
  •  第5特科連隊多連装ロケット中隊車両(91-6882)(当時)。