Others  Index
 Military Powers Home

化学器材
  • 化学科は化学護車、除染車等の各種化学器材等により有毒化学剤、放射性物質等で汚染された地域を偵察し、汚染された地域、人員・装備品等の除染を行い、発煙・対焼夷等を行う。
  • 化学防護車は→こちら

 00式個人用防護装備 新迷彩防護衣
総質量 約2,120g 全備重量 約7.7kg
覆面 約500g 吸収缶 約320g
携帯袋 約550g 付属品 約840g
製作 東洋紡、興研
  • 隊員個人に装備される防護装備。
  • 全身を覆い、有毒ガス、液滴および空気中に浮遊する微粒子状物質から全身を防護する。
防護マスク4型。
このゴムのブーツは半長靴を履いたまま装着するもの。左はゴム手袋 
         
マスクの内側。水筒からの水を補給するための半透明のストロー状態のものが見える。
     
防護マスクを装着する前の状態。まるで間抜けなお化けのようにおもしろい形となった。 

 戦闘用防護衣
全備重量 約3.8kg 製作 東洋紡
  • 各個人に装備される戦闘用防護衣。
  • 防護マスクと併用して身体を完全に覆い、化学剤、放射性物質及び生物剤の身体への浸透及び付着を防止するために使用する。
  • 服本体の素材は通気性のある繊維状活性炭布積層布を使用している。
防護マスク4形(旧型)。液滴防護のためフードを装着して使用する。
全重量:約2.0kg。有毒なガス及びフォールアウト等を吸入しないように、顔面に装着して人体を防護する。