本文へスキップ

国防に携わるすべての方々に敬礼!

 Military Powers 護衛艦

海上自衛隊 護衛艦 DDG175 みょうこう

護衛艦 Index  DD汎用護衛艦  DD-123しらゆき(除籍)  DD-153ゆうぎり
 DDK対潜護衛艦  DDK-121ゆうぐも(除籍)
 DDHヘリ搭載護衛艦  DDH-142ひえい(除籍)
 DDGミサイル護衛艦  DDG-175みょうこう

 諸元等
全長  161.0m 基準排水量  7,250t
全幅  21.0m 満載排水量  9,485t
深さ  12.0m 吃水  6.2m
速力  30ノット以上 進水  平成6年(1994)6月5日
主機関  COGAG 2軸推進 LM2500ガスタービン 4基 竣工  平成8年(1996)3月14日
 石川島播磨重工業製 建造  三菱重工業長崎造船所
乗員  300名 出力  100,000ps
 主要装備
  • オート・メラーラ127mm54口径単装速射砲×1
  • ハープーンSSM 4連装発射機×2
  • 68式324mm3連装短魚雷発射管×2
  • ファランクスCIWS×2
  • Mk41 VLS 前部29 後部61
  • SM-2MR スタンダードミサイル
  • アスロック対潜ロケット
  • チャフ発射機 US Mk137×4
レーダー等
  • 対空レーダー AN/SPY-1D
  • 対水上対空レーダー OPS-28D
  • 艦首バウソナー OQS-102
  • 曳航ソナー OQR-2
  • Mk99 SPG-62
  • ESM/ECM NOLQ-2
同型艦
平成26年現在
  • 「みょうこう」は「こんごう」型護衛艦の3番艦。
  • DDG-173「こんごう」:第1護衛艦隊第5護衛隊。
  • DDG-174「きりしま」:第4護衛艦隊第8護衛隊。
  • DDG-175「みょうこう」:第3護衛艦隊第7護衛隊。
  • DDG-176「ちょうかい」:第2護衛艦隊第6護衛隊。
その他
  • 第四世代対空誘導弾搭載護衛艦。
  • 映画「亡国のイージス」では「みょうこう」が護衛艦「いそかぜ」として登場している。 

平成19年(2007) 小樽港

 船体
  • フェーズドアレイレーダーが特徴的なイージスシステム搭載のこんごう型ミサイル護衛艦。
  • 対岸からの撮影 。
  • 埠頭からの撮影。
  • 乗船して撮影。

 船体クローズアップ
  • 救命ボート。
  • 第1種拡張式救命筏MTA-25S。1艇28人定員。1人9日分の食糧と飲料水、釣り道具、防水マッチ、応急医療具、浮輪、ナイフ、船酔薬等。
  • 錨を巻き上げる装置。

 127mm54口径単装速射砲
  • 砲身&砲塔。
  • 砲塔基部。
  • 吊り上げ用。
  • ハッチ。
  • 砲身と砲塔の接合部。砲身下部。
  • 教練用砲弾。

 ファランクスCIWS
  • CIWS(Close In Weapon System)。飛来するミサイルなどを至近距離で迎撃する艦載装備。近接防御火器システム。

 ハープーンSSM 連装発射機
  • ハープーンとは、捕鯨用の銛の意味で敵艦艇等を攻撃する艦対艦ミサイル。CICで発射すると、ミサイル自身のレーダーにより索敵しながら命中する。あらゆる気象状況でも発射でき、信頼性が高い。超低空で飛翔する。
  • ミサイル射程:110km/ミサイル全長:4.6m/ミサイル直径:34cm/ミサイル重量:680kg

 Mk41 VLS
  • VLS:垂直発射装置。
  • スタンダードミサイル&アスロックミサイルの発射装置。
  • 従来の発射装置に比べてミサイルを垂直に格納できるため、発射時の射界制限がなくなり、目標の方位、自艦の針路に関係なく短時間に連射できる。

 68式324mm3連装短魚雷発射管 水上発射管HOS-302
  • 潜水艦を攻撃する魚雷を発射する。
  • 発射するときは艦の外側45度に発射管を向ける。
  • 後部にある気畜器に蓄えられた圧縮空気を利用して発射する。着水するとエンジンが始動し、内蔵されたコンピュータによりコントロールしながら潜水艦を探知し、命中させる。

 チャフロケットランチャー チャフ発射機 Mk137
  • チャフロケット弾:レーダー波を反射するアルミ箔を散布。
  • IR弾:赤外線ミサイルに対して熱源を放出。
  • 電波妨害弾:艦から離れた場所で妨害電波を発信する。

 レーダー
  • SPY-1Dレーダ:米国で開発。世界最高の艦艇搭載用レーダ。
  • 4面コンピュータ制御で360度を同時にカバー。従来式より全周を捜索できる。知目標は自動追尾でき、針路、速さ等解析される。
  • TOP:電波探知装置アンテナ
    中段の輪:UHFアンテナ
    下段筒状:LINK16(戦術通信装置)アンテナ
  • 気象用ドーム
  • 上段左:ミサイル射撃管制用レーダー(FCS)と下は砲射撃管制用レーダー
    上段右:ミサイル射撃管制用レーダーの裏側
    下段:艦後部には2基のFCS
    FCSは計3基ある
  • 水上探索用レーダー

 船内
  • 幹部用食堂
  • 一般隊員用食堂。
  • テーブルの4辺にスライド式金属板があり、傾きでテーブルから滑り落ちるのを防止する。
  • 艦内公衆電話とスピーカー。
  • その他計器等。
  • 通路とハッチ。
  • 艦内床屋。
  • 大便器。トイレットペーパー置き。トイレ内洗面台。
  • 小便器。
  • 洗面台とうがい薬。
  • 洗濯機と乾燥機。
  • 通路にはさまざまなものがおかれている。
  • 風向計と風速計。
  • クリノメーター(艦の傾きを測る計器)。
  • 各種プレートと造船プレート。
  • CIC前のプレート。最近は情報漏洩等事件が相次ぎ、携帯電話機等は持ち込まず、このかごに入れる。
 操縦室兼応急指揮所
  • 速度レバー等の担当官。最大戦速よりも上に「一杯」という文字が見える。
  • 被害状況を示すパネルと計器。

 艦橋
  • 艦橋:上甲板上の高所に設けられた指揮所。
  • 赤いシートカバーのイスは「艦長席」。艦長以外は座ることができない。

 任務
  • 艦の入港時の艦橋付近の隊員。

 アイテム