アナゴ ウナギ科

 

ウナギに似ているけどウナギよりあっさりしている魚ですね。生態はウナギ以上に良くわかっていないようです。アナゴ狙いの釣りもあるそうですが今まで真剣に狙ったことはありません。ですが天ぷらがおいしいので夜釣りでおみやげが欲しいときにボウズ逃れで仕掛けを置いて狙うことがあります。さばくのはウナギと同様少し他の魚とは違います。

 

アナゴのさばき方(ポチ流)

 アナゴは(アナゴに限らずウナギもですが)ぬめりがありなかなか安定しないのでまずはたっぷり塩を使ってぬめりを取ります。その後まな板に目打ちで固定します。

 目打ちの代用に今回は釘を使っています。目打ちの場所は目の下側です。

出刃包丁で頭の後ろに中骨まで刃を入れます。

中骨に沿って背の方半分をおろしてゆきます。

 尾の最後まではなかなか刃が進みませんが腹側も刃を進めて開いてからワタを取ります。

 その後中骨を断ちおろしてゆきます。最後に頭を切り離せばアナゴの開きの完成です。

こう書くと簡単そうですが結構ぐねぐねとしてやりにくかったです。良く切れる包丁は必ず用意しないとさらに大変になると思います。

 

 

ポチのタックル

竿  3〜4メートルくらいの投げ竿からバスロッドなどの短竿まで適当です(直下だと短竿で十分)
リール  3号のナイロン道糸が50mくらい巻けるリールであれば何でもOKです
仕掛け  おもりは水深1メートルに対し1号(水深10メートルだと10号)のセオリー通りで良いと思います。投げで狙うなら15〜20号くらいのジェット天秤です。仕掛けが長いとからまるので1本針です。底がとれていればハリスの長さも釣果にあまり関係しないようです。
エサ  アオイソメを使います。フィッシュイーターなのでキビナゴの切り身でもいいようです。
スタイル  夏〜秋の防波堤の釣りなので特に変わった装備はいりませんがライフジャケットは用心のために用意しておいた方がいいです。後は手を拭くタオルかな?
便利グッズ  針をのまれることが多いのでスペアの針は余分に用意しておいた方がいいです。

 

 

Ads by TOK2