もどる つづき

一通り、主要な妖怪石像の写真撮影を済ませ、一旦退却。

車で5分程の所にある、夢みなと公園に移動しました。
ここは美保湾に面する、公園で、敷地内には温泉、海鮮市場、レストラン、無料駐車場に24時間トイレなど、境港でPキャンするならここと言うくらいの場所です。
ちょっと一息コーヒーとパンで朝食です。
フィリ号のバックゲートはこのような開口になるので、椅子さえあれば、ちょっとした休憩に便利です。

その後、公園内を散歩しました。とにかく今日は風が強いです。



※左の写真にマウスを持っていくとロールオーバーします。

フィリを車に待たせて、敷地内にある境港さかなセンターへ。
ここは、山陰の海産物が中心の土産物市場。漁港に行けば必ずあるような市場です。

御土産の物色と、ka9ka9狙いの夏の山陰と言えば。。。もちろんアレですよね。

じゃん!
これこれ。岩牡蠣です。これが食べたかったんだ〜。

ka9ka9は岩牡蠣と言えば夏って思っていましたが、実はギリギリ最後だそうです。
店員さんに色々伺ったのですが、梅雨明けくらいがピークで、そこからはだんだん中のミルクが減って行くそうです。

店員さんにミルクの多そうな牡蠣を選んでもらい、その場で頂きます。無言ですするka9ka9。
旨い♪旨すぎる。これはもう、最高級な白子です。そう白子。境港万歳♪って感じ。


※左の写真にマウスを持っていくとロールオーバーします。

さて、休憩を済ませて、また水木しげるロードへ。
先程は写真撮影のため早朝に来たため、一軒の店も空いていなく、通りはがらんとしていましたが、今回は一変、一気に賑わってます。
観光客もいっぱい。駐車場も我が家がとめてまもなくどこもかしこも満車。

案の定、主要な妖怪像の前は写真の列。我が家のように、誰も回りにいないショットは殆ど不可能状態。作戦大成功です。

ぽこぽこ歩いていると、いろんな妖怪と出会えます。しかし、何とも間抜けなねずみ小僧と目玉おやじです。でも楽しい♪


※左の写真にマウスを持っていくとロールオーバーします。

盛り上がってますな〜。
もうここまでくれば、何でもありの妖怪変装ですね。
商店街は大盛況。とにかくこの通りは、鬼太郎一色です。

我が家が買った山陰のるるぶも、本の1/4くらいが、この水木しげるロードの内容でした。


るるぶに乗っていたイカ焼き発見。
一反木綿の形をしたイカ焼きです。見た目が可愛いですよね。
我が家はこの手のアイテムは味では無く、単に写真撮影用に買ってしまう。
味は単なるイカ焼きです。でもここは水木しげるロード。せっかく来たんだから、このお祭り騒ぎに乗っからなくちゃね。って事で1本お買い上げ〜。


※左の写真にマウスを持っていくとロールオーバーします。

まだまだ続く妖怪食べ物。

お次は宇治金時に目玉おやじ団子が乗ったかき氷。
これ、すんごいボリュームなんです。
これも見た目重視。と期待せず食べたら、団子はともかく、かき氷がバリウマ。御影の有名な氷屋以上の満足感でした。

そして、ぷうきちが絶対買うと言い張った妖怪パン。もう何でもかんでも妖怪です。これが売れに売れてるんだから。。。
完全に見た目だけのパンですが、これもお祭り騒ぎがなせる業。


※左の写真にマウスを持っていくとロールオーバーします。

子泣き爺を発見。
ある意味、最もはまってる妖怪さんでした。
子供の声で泣き、相手にしがみつくと、石のように重くなる妖怪ですね。

ぷうきちもノリノリですなあ。しかし、左の後ろに立ってる仮面野郎は。。。目玉おやじのつもりか?

フィリも子泣き爺に興味津々。


※左の写真にマウスを持っていくとロールオーバーします。

鬼太郎の家を発見。
早速フィリの写真撮影です。
水木しげるロードには、こんなのが数多くあります。
それにしても犬連れの多いこと多いこと。

そして、ぷうきちの一番好きな妖怪、ぬりかべの前でパシリ!



※左の写真にマウスを持っていくとロールオーバーします。

結構買い食いして、あまりお腹が空いていないのですが、昼食には海鮮丼と決めていたのでお店を物色。

ここ、境港と言えば海鮮丼と言うくらい有名になってしまった。とにかく海鮮丼の店がたくさんあります。どこが美味しいのかなんてわからないし、こじんまりした小さなお店に入りました。とは言っても、PCで事前に少しリサーチしていたお店です。

ka9ka9は今日のお薦めの海鮮丼と天婦羅の盛り合わせ。
ぷうきちは、地産のイカ丼です。



※左の写真にマウスを持っていくとロールオーバーします。


もどる つづき

menu