予告12月議会資料:調査報告チェルノブイリ被害全貌 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. . 9. 10. チェルノブイリ

 

 

 

(2013年9月議会参考資料一部より)

米軍は

なぜイラクから

戦後八年で

完全撤退した

のですか?
 

その理由は簡単です。
  イラクが

2008年11月に

アメリカとのあいだで結んだ、

いわゆる

「イラク・アメリカ地位協定」

のなかに、

三年後の

2011年末までに

米軍が完全撤退すると

定められていたからです。

もちろん、

撤退直前になると

アメリカ側から

激しい
圧力が

加えられましたが、

イラクの交渉担当者は

そうした圧力に

屈せず踏んばったのです。
 

この「イラク・アメリカ地位協定」が

結ばれる過程と、

その条文どおりに

実現された

三年後の

米軍完全撤退を見ると、

私たち日本人が

常識としている世界観や

国際政治の枠組みが、

いかに歪んだものであるか

がわかります。

米軍はなぜイラクから戦後八年で完全撤退したのですか?

?

「イラクから米軍が完全撤退」というニュースがテレビで流れたのは、二〇一〇年八月のこと
でした。

 

正確にいうと、

このとき撤退したのは

戦闘部隊だけで、

残る五万人の駐留部隊は

2011年の年末に

撤退したのですが、

多くの日本人が

このニュースを

驚きの目で

見まもることに
なりました。


  というのも、

その二ヵ月ほど前、

沖縄にある米軍基地を

たったひとつ、

それも閉鎖ではなく、
ただ県外に移転させようとした

だけの鳩山首相が

辞任に

追いこまれていたからです

「どうしてなんだろう」
  そう、

多くの人が思ったにちがいありません。
 

鳩山首相ひきいる

民主党は、

その前年に行なわれた

二〇〇九年八月の総選挙で

圧勝し、

戦後
初の「本格的政権交代」を

なしとげていました。

議席数は

衆議院で

三〇〇を超え、

国民の

支持率も

高かった。

 

それが、

「だれが見ても

非常に危険な

外国軍基地」

をひとつ動かそうと

しただけで、

官僚やマスコミから

バッシングを受け、

わずか九ヵ月で

首相の座を

追われてしまった