<木遣くずし>(俗曲)

♪ 格子造りに ご神燈下げて 兄きゃ家かと 姐御に 問えば

   兄きゃ 2階で木遣りの稽古 音頭取るのは アリャ 家の人

  *エンヤラヤ サノヨーイサ エンヤラヤ エンヤラヤレコノセー

       サノセー アレワサ エンヤラヤー*

♪ つねりゃ紫 食いつきゃ紅よ 色で仕上げた 私の身体

  * くり返し *

♪ 目出度 目出度の 若松様よ 枝も栄えて アリャ 葉も繁る

  * くり返し *

<解説>

木遣りとは 材木を 掛け声をかけながら運ぶ事で その時に唄うのが”木遣り”。
それが 祭りの山車をひく時や 祝儀の際にも唄われる様になった。
”くずし”とは 調子を変えて陽気に演奏する事で この曲は幕末の頃 
寄席で 三升家勝次郎が 唄い始めたと伝えられている。

 

TOPヘージへ

Ads by TOK2