<わがもの>(端唄・小唄・うたさわ)

♪  わがものと 思えば 軽き傘の雪 恋の重荷を 肩にかけ

    芋狩り行けば 冬の夜の 川風寒く 千鳥鳴く

     待つ身に辛き 置炬燵 実にやるせが ないわいな

<解説>

1959年ころの曲。
宝井其角の”我が雪と思えば軽し傘の上”と 紀貫之の”思いかね 芋狩り
とえば冬の夜の・・”とを繰り合わせ このあたりは一中節を用いている。

前半は 川のほとりを急ぐ男、後半は逢瀬を待つ女と 恋の重荷を しみじみと唄っている。

江戸言葉で自分の物にしたいことを”傘の雪”と言う

 

芋狩り : 本来は妹許(いもがり)の事で、妻・恋人

 

TOPへ

Ads by TOK2