<端唄レポート>

WEB管理人キリリが今回5月31日に行われた

「笹木 美きえの会」のレポートいたします。

5月31日。台風の接近により、朝からひどい雨でした。

「わぁ〜。こんな天気だから、お客様が来てくれるんだろうか。。。

不安を胸に電車に乗りました。心無し電車も空いている様な気が。。。

来てくださる方があまり濡れないといいなぁ〜と

思いながら電車に揺られていました。(でも、すごい雨でした)

12時過ぎ、無事御徒町に到着。迷わずに上野広小路亭に到着。

舞台に案内されると、美きえさんがリハーサルの最中でした。

軽く挨拶を済ませ、持参したデジカメで撮影準備。

本番ではカメラの<カシャ>とか<ピカッ>が、お客様の邪魔になってはいけないと、

事前に美きえさんにご相談してリハーサルでの撮影になりました。

ファインダー越しに、「着物を着て凛となさっている美きえさんお綺麗だなぁ〜」

なんて思いながら、数枚撮りました。

      

初めて聞く端唄。感想を素直に書くなら、「色っぽいなぁ〜」ですね。

私は生まれてから、「凛」なんて言葉は使ったことはありませんでした。

でも、「凛とした」と言うのは、今目の前にいる、美きえさんの事を言うんだなぁ〜と

1つ勉強になった一瞬でした。

リハーサルも終わり、美きえさんと楽屋へ。

ホームページについての質問やこれからの事などを軽く打ち合わせしました。

少し早くいらした方もいらっしゃったので、13時前より早めに開場。

楽屋に挨拶にこられた方に、美きえさんもご挨拶したりしている内に

あっという間に開演の時間に。。私も急いで楽屋から会場に・・・

ドアを開くとたくさんのお客様が座ってらっしゃいました。

ホッとしているうちに「ドッドンドンドン」太鼓の音と共に幕が開き、たくさんの拍手が。

芦沢 ときえさんと共に美きえさんの挨拶が始まりました。

最初は「みんなで唄おうなつかしのメロディー」

ボランティアで老人ホームに慰問にいってらっしゃっていて、

みなさんで唄うと喜ばれるそうです。

お富さんや無法松の一生。。。私も知っていました。(近くのおじいちゃんと唄っていたので)

配られた歌詞を見ながらみんなで唄う。私の前に座っていた3人の年配の男性が

大きい声で歌ってらっしゃって、とても楽しそうだったのが印象的でした。

次はマグナム小林さんの「バイオリン漫談」会場から笑い声がたくさん聞けました。

次は美きえさんの「端唄」奴さん・春雨・さのさなどです。是非生で聞いて頂きたいですね〜

端唄が終わると<中入り>休憩です。

出演してもいないくせに、何故か緊張して喉がからからに。。。

何か飲もうと思って、楽屋にお財布を取りに戻ると美きえさんが着替え中。。。

どうしようかな。。。ここで待ってればいいかな。。。と思っていると

「どうぞ〜」っとドアが開いて、、、急いで中に入ってドアを閉めました。

「お疲れ様です」言って、財布を探し出して、急いで退出。。

よく考えればまだ終わってないのに、すっとんきょうな事を言ってしまいました。

<ブゥ〜>と音が鳴り、急いで会場へ。

今度は落語です。おしながきには<果実>と書いてありましたが、

元立川キウイさんの落語、おもしろかったです。

皆さん笑顔で、最後まで楽しませていただきました。

最後は美きえさんによる、<俗曲>都々逸・吹き寄せ(ほこりたたき)

言葉では上手く言えませんが、とっても素敵な時間が過ごせました。

終わって楽屋に行くと、美きえさんが「間違えちゃった〜はぁ〜〜」なんて言ってました。

(ここだけの話ですよ。。誰にも言わないで下さいね。。)

本番では分からなかったけど、緊張してらっしゃったんだなぁ〜なんて

思っていると、お客様が続々と楽屋へ。皆さんに丁寧にご挨拶。

本番終わっても笑顔の美きえさん。とってもいい笑顔でした。

最後にこのHPの掲示板に来てくださっている方達も楽屋に来てくれました。

みんなで自己紹介が終わり、せっかく集まったのだから記念写真でも撮りましょう〜と

元キウイさん、マグマムさんも一緒に写真をパチリ。

みなさんいい笑顔でした〜。

 リハーサルの最後にカメラ目線を頂きました〜、ん〜お綺麗♪

 

端唄ライブTOPへ戻る

Ads by TOK2